営みの形って知ってる?

s

 

コラム第1段「日本酒ってなあに?」で日本酒とは日本人の営みを形にしたモノなのではないかと語りました。

 

日本人の営みを表す代表的な概念は神、自然、ご先祖様ですね。

ここに私たちが日本人である理由があります。

しかし神や自然やご先祖は概念であって、過去のものです。

私たちの目に見えるものではありません。

これらの概念を共有して群れとなるには、概念を誰にでも見えたり実感できるように具現化する必要があります。

 

そこで日本人は米と酒を用いて、これらの概念を具現化することにしました。

 

えdあ

米は神とご先祖からの授かりもの。

なぜなら田はご先祖様が開墾して受け継がれたものであるし、田の土と水は神の住む(先祖の骨が埋まっている)山からもたらされた物だからです。

米は神やご先祖様を象徴するもの。

その米に、人の手を加えて造られた酒は、神の人の共同作業によってできた最上の神物(しんもつ)です。

s

日本人は稲作と酒造によって、神や自然、ご先祖様を誰にでも実感できるものとして具現化したのです。

米は食べて美味しいし、酒はアルコールの作用で酔っ払うので、体験による私たちへの効果は抜群。

この効果によって神・自然・ご先祖様という概念を各々で共有し、個人を群れとして、種の生存確率を上げてきました。

 

dd

ホモサピエンスは、他者と概念を共有すると群れになる習性があり、この力でヒト科唯一の生存種になりました。

他のヒト科のネアンデルタール人やホモ・エレクトスでは群れの数は最大150人ほどが限界。

対するホモサピエンスの群れは1000人を超えたらしい。

ホモサピエンスがネアンデルタール人(ホモサピエンスより力もあって頭もいい)に勝てたのは群れの力だと言われています。

 

このように、ホモサピエンスの世界では共通概念の具現化に成功すると、絶大な効果を生み出します。

お金、宗教、国など現代の概念は億単位のヒトの数を操ることが可能となります。

今回は概念を具現化した形を見ていきたいと思います。

類推(るいすい)

d

物や形はなんのために作られるのか。
その前提をまず知らなくてはなりません。

そこで大事になってくる言葉が「類推(るいすい)」です。

私たちホモサピエンスは概念を共有して群れになりやすいように、類推という特殊能力を授かっています。

生存確率を上げるための能力として受け継がれた遺伝子です。

 

類推wiki

 

wikiの説明だと難しく書いてあって理解不能。

かんたんに、日本的に言うと、類推は「あやかる力」です。

最近だと「共感」と言えるかもしれません。

 

類推は自分以外の存在に起こっている事象を、自分に起こっている事象だと認知することをいいます。

 

ええ

スポーツを見たら興奮した、相撲や格闘技を見たら興奮した。

グルメ番組を見て美味しそうだと思う、悲しいドラマを見て涙が止まらない。

幼稚園で誰かが泣いたらみんな泣いてしまうもらい泣き。

エロ動画を見たら興奮したなど。

考えたみたら不思議なことですよね。
自分自身には起こっていない出来事だったりフィクションだと分かりきっているのに、あたかも自分に起こっている事のように感情が動いてします。

 

私たちは、誰かと同じ概念を共有したい。

 

他人を見ると、なにか1つでも自分と共通点がないかと、探してしまうのです。

それは概念を共有して群れになれば、自分の生存確率が上がるからです。

 

初めて話をする人でも、なにか共通点となる話題がないか探りますからね。

 

ああ

 

そしてこの類推は対人だけでなく、他の生物や物や音、五感で感じるもの全てに起こります。

 

棘を見たら怖く感じる、酸っぱいものを想像したらヨダレがでる。

子猫を見たら可愛く思う。

なんだか気味が悪い。嫌な予感がする。

占いも天文も、形のあるものから類推して占いを行う。

 

どれも感情を動かされていますね。

絵画もそうですし、音楽ではこの音、このコード、この調子は明るく感じる、悲しく感じるなど意図的に類推を使い分けています。

 

あ

伝統や風習も類推です。

民族学者の折口信夫はこの類推を人の類化性能と呼び、鬼やテングやなまはげ、能の翁、奇祭のオハセやホトなど、なぜその姿形が文化風習として存在しているのかを解こうとしました。

自然界に存在しない形には何かしら類推を起こす先人の意図が隠されているのです。

私たちは、見聞きしたものを自分のことのように感じ、無意識的にも影響される。

 

 

興奮を暗示させるものを見聞きさせれば興奮させる事ができる。


悲しみを暗示させるものを見聞きさせれば悲しませる事ができる。


嬉しさを暗示させるものを見聞きさせれば喜ばせることができる。


明るい未来を暗示させるものを見聞きさせれば幸福を与えることができる。

 

物事で人の感情を操作することが可能です。

当たり前といえば当たり前ですよね。

 

え

 

具現化する。形にする。ということは、人に影響を与え、概念を共有するということです。

形には全て意味があるし、形をつくる者は概念をもたなくてはならない。

概念を類推させるメッセージを形に込めなければ、意味のある物事など生まれないのです。


原始的な概念

 

あああ

 

私たちのもっとも原始的な概念とは何でしょうか。

 

今の代表的な概念は国・金・宗教ですね。

60億の人間が野生動物のような姿にならない理由がここにあります。

概念があるから秩序があるということでしょうか。

 

これらの概念のない時代まで遡ってみたとき、私たちが最初に持っていた概念とはなにか。

それは国も金も宗教も持たない他の生物を見ればわかりますね。

 

最初の概念、それは男と女と子供です。

 

あ

 

現在まで残る文化や伝統、古代の旧石器や縄文時代の遺跡を見てみると、男女に関わる表現が多く具現化され、現在までも残っています。

d

縄文時代の石版

 

男を表現するもの…オハセ(左)


女性を表現するもの…ホト(右)

 

男にあって女にないもの、女あって男にないもの。

それが男女を表すものということで、性器の形が男女を表現するものとなりました。

よく見たらわかりますよね。現代的に言うと怒られるので、昔風にオハセとホトと呼んでごまかします。

 

d

男=オハセ…棒状のもの、三角△、尖ったものが主に男性表現として用いられる

・石棒…旧石器、縄文遺跡より多く出土する石棒。オハセを模した形状で男を表現するものの基本となる。

今では道祖神だったり、子孫繁栄を願う奇祭でその姿を見ることが出来ます。

d d d


・ヘビ・亀…棒状の生物として男性を表すシンボルに用いられる。歴史の古い出雲の神社では蛇や龍を祀る事が多い。

家紋が龍鱗だったり。蛇の交尾がしめ縄の原型とも言われる。紙垂に当たるものは精液、稲作が広まってからは雷と言われる。

え え

え


・水、龍…水は種水を表す。種水は子供や作物などの命を生む子種として男性を表す。龍が水神と言われるのも、共に男性を表すものだから。蛇も龍も、オハセ、石棒に似てるし、亀は亀頭ということで爬虫類は伸び縮みしますからね。  

w w

 

 

・鳥のクチバシ…ツルやタカのクチバシ、雄鶏がオハセを表す 

 

d d

 

・テング、こけし…みたまんまですね。

あ 

 

・若草、青草、竹…青々とした草や竹はオハセの象徴とされる。

以下は皇室の端午の節句の設え。チマキはオハセを暗示する。柏餅は青々とした姿がいつまでも残るようにと供えられる。

d

f

女=ホト…丸状、球状のもの、3重丸◎、渦巻き、逆三角▽、フタ股状のもの、鞘状のもの、乳房や大きなお腹、妊娠線など子供と同時に表現されることも多い

・土偶、土器…土偶の形や表面には女性を表す◯、◎、渦巻、乳首、穴が多く刻まれる。女性、子供、植物がイミテーションされ子孫繁栄、豊作が暗示されている。

ss

 

・大地、割れ岩…命を注ぐ男性の種水に対して、女性は命を育てる大地(土)で表現される。山、受け皿、土俵などの受けを暗示させるものも女性。

山や土俵に女性が入ってはいけないというのは、山や土俵が女性属であり、女性が入っても何も起こらないから。山女は山が女だから。

 

d

 

・股、穴、松…松の葉が二股、穴はホトに見えることから女性を表現する時に使われる

 

s s d

 

・貝…貝の身がホトに似ていることから。以下は皇室のひな祭り。掛け軸にはまぐりが描かれ、はまぐり、サザエがお供えされる。

 

s

 

・月…月の満ち欠け、潮の満ち引きが女性に類推されるがその謎が多い。

 

子供(男+女)

s


子供は男と女を同時に表現したり、まぐわいを表す✕、渦巻き、◎、3重丸で表現される。

女性=子供なので女性と同じ場合が多い。3重丸はホトから出てくる子供の頭とも言われる。

 

・まぐわい(子供)を表す形…鶴と松、鏡餅(3重モチ、松葉)、門松…竹(棒)と松、杵と臼、相撲…力士と土俵

 

s

棒と割れ石(島根宍道のちんぽうさん)

w

シンプルに棒と穴

s

奇祭とよばれるオハセとホトによる子孫繁栄のお祭り

s

道祖神の夫婦像

w 

日本画の定番、鶴(男)と松(女)

w

餅つきがなぜおめでたい? 臼(女)と杵(男)と餅(子)

s 

相撲の四股 力士(男)、土俵(女)、四股(まぐわい)

s

かどまつ。竹(男)、松(女)

s

鏡餅 上から見ると三重丸。餅と草はホト、みかんは子の頭

 

都市伝説のようですが、あながち間違いでもない気もしますね。

この世の全てはオハセとホトで出来ているかもしれない。

男、女、子供は三宝といわれ、三宝を表現することで子孫繁栄を類推させる「おめでたいもの」として多く残っています。日本人の象徴をなさっている皇室行事の飾りを見てもその姿を随所に見ることができます。

どれも分かりにくくしているけど、その中身はオハセとホトばかりですよね。

古代ではかなり直接的だったオハセとホトも、時代が進むにつれて巧妙に隠すようになり、その意味もわかり辛くなっていきました。

海外もだいたい一緒です。人種が違ってもの結局は同じホモサピエンスですから形が違うだけやってることは同じです。

z

s

オハセとホトを探せゲームだと思えば物事の本質が割と見えたりします。

歴史を超えて評価されるものには必ずメッセージが隠されているのです。

 

先人が概念を形にし、それを文化や伝統として後世に残すことで、私たちをコントロールしているとも言えますね。

 

だから私のつくる日本酒には過去と未来に対して色んなメッセージを詰め込んでいます。

酒造りへの先人への感謝、御神酒マインド、五穀豊穣や子孫繁栄への願い、そして同じ時間を生きる現代の人々のこと、これらを過去と現在と未来への願いをひっくるめて「営み」と呼び、酒という形にしているのです。

「営み」という概念を、酒造りで表現して、飲んだ人に営みを類推させるものが、私の造る理想の酒です。

 

s

 

もちろん美味しいだけを楽しんでもいいんです。

嗜好的な面がありつつ、さらに類推を読み取れるような人にはとっては、メッセージ性に富む、美味しく楽しい酒になっているんじゃないかと思います。

どちらでもあることがいいんです。

2021.9.3 小島達也