割子と馨
か
  • 縁の舞画像
  • 速醸画像
  • 1火画像
  • 山陰吟醸画像
  • 三日麹画像
  • ミディアム画像
  • 無濾過画像
  • 冷から燗画像

#Concept

【R3BY】天穏 純米吟醸 馨  縁の舞
 
 
島根県新品種 縁の舞3年目 
 
 
今季も馨は縁の舞で仕込みました。縁の舞1年目はクリーンスムースな印象だった縁の舞。

 

昨年は、大きくその米質が変わり、軟質で前溶けの強いぽっちゃり感ある米になった印象でした。
 
 
3年目の今季も2年目と同様の印象で、これは縁の舞の親に当たる神の舞を大きく受け継いだ印象です。好適米というよりも溶けの多い飯米に近く、愛知の蔵にいたときの若水を思い出します。

やわく前溶けしやすいことに加え、今季の米質はかなり特殊で、非常に老化スピードがはやく、麹造りに苦労して色々試しました。
 
 
結果は昨年同様の出来。厚くキャッチー、前のめりに味わいが出るのに、熟成の伸びも出てくる不思議な米。
 
 
 
出来た酒は2BYと似たような酒になりました。結局、良くも悪くも酒造りでの介入が難しい米で、縁の舞の米の特性がそのまま出ていると思います。
 
 
 
2BYはキャッチーで早飲み系だったのでダレるかと思いきや、秋くらいからかなりいい酒に変身して好評でした。この3BYもそうなるのではないと予想しています。
 
 
 
天穏らしくない分かりやすい酒ではありますが、受けの良い酒質なので、製品的にはいい働きをするのではないかと思っています。
 
 
 

#Tasting

 
香り・・・桜餅、甘い米麹の香り、少し生香、イソアミルアルコール、エステル
 
 
味・・・きれい、水、バニラ、甘味、麹旨味、ちょっと不安定な乳酸感、弱い4vg(薫香)、アルコールの草っぽさ、いちごのヘタ。甘味、厚み、乳酸、弱い薫香が合わさってバニラの雰囲気、味の要素は多く、ミルクイチゴ飴のような味がある。しばらく冷酒が良さそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#Information

原材料名 米・米こうじ
原料米 奥出雲産縁の舞
アルコール 15.1度
精米歩合 60%

酵母:島根K1

日本酒度:+3

酸度:1.6

アミノ酸:1.2

 

1火 15℃以下瓶貯蔵

 

 

 

写真撮影  出雲大社 そば処田中屋